タトゥー除去なら外科的切除法がおすすめ|美肌(ニキビ・赤ら顔)、しみ、しわ、脱毛の事なら、ドーズ美容外科(佐賀・長崎・福岡・広島)

ご予約・ご相談・お問い合わせ

美肌 脱毛 ドーズ美容外科 トップページ外科的切除法
来院のご予約
メール相談
患者様の声 ドクター・スタッフブログ LINE@お得情報配信中

佐賀院 インスタグラム

長崎院 インスタグラム

男たちの美容外科

外科的切除法

経験豊富な外科専門医が、メスを使用して皮膚の表面組織ごと取り除きます。

タトゥーの部位、サイズ、デザインを考慮して、下記の術式を組み合わせます

  • 縫縮法
  • 削皮法
  • 削皮法+植皮法
  • 縫縮法+削皮法+植皮法

切除によるタトゥー除去のメリット

  • レーザー治療と比べて、タトゥーの色や深さなどが施術回数に影響しない。
  • 小さな刺青の場合は1回の施術で確実に除去できる。
  • 過去に受けた各種治療で、中途半端に色や模様が残っていたり、目立つ傷あとが残っている方でも手術が可能。

このような方におススメ

  • レーザーで消えにくいタトゥー(カラーインクなど)を除去したい方
  • レーザー後の傷あとが目立っていて気になる方
  • 就職や結婚までにタトゥーを除去したい方
  • 完全にタトゥーを除去したい方

切除縫縮法

切除縫縮法とはタトゥーのある部位の皮膚を切除し、タトゥーが存在しない周りの皮膚で縫いよせる方法です。当院では、経験豊富な形成外科専門医が、タトゥーの部位、サイズ、輪郭に応じて直線やゆるやかなS字状又は、わざとジグザグに切除するため、傷あとの盛り上がりやケロイドを最小限に抑えきれいに仕上げることが可能です。タトゥーの周囲に縫いよせることができる皮膚があれば、どの部位でも手術が可能です。

1回での切除が可能な場合の例

タトゥーの部位や、もともとの皮膚の柔らかさなどにもよりますが、幅7cm程度までの大きさなら1回の手術で切除可能です。しかし、周りの皮膚に縫いよせる余裕が少ない場合や、一回で切除できないようなタトゥーのデザインの場合は、無理をせずに数回に分けて切除縫縮法をおこないます。具体的には、周りの皮膚に縫いよせる柔らかさが戻るまでの期間(最低約3~4ヶ月間:個人差あり)をあけて、次の手術を行います。

削皮法と植皮法

切除縫縮法では、タトゥーがある皮膚を皮下脂肪の一部まで含め全て切除するのに対して、削皮法は、皮膚の厚さの大部分を占めている真皮層のうちタトゥーの色素が入っている深さまでの真皮を削ることでタトゥーを除去します。縫縮術により脚や腕などの輪郭や左右の太さが変わることに抵抗がある方、皮膚が伸展しにくいなどの理由で縫縮法が困難な場合、タトゥーの範囲が広い場合などに適しています。削皮後の傷口は、残された真皮の深層や周りの健常皮膚から徐々に閉鎖されますが、面積によっては長期間を要します。削皮後、自然治癒によって閉鎖した範囲は瘢痕(はんこん)と呼ばれる傷あとに置きかわり、通常の皮膚とは異なります。
※ご希望に応じて、削皮法に縫縮法や植皮法を組み合わせて行うことも可能です。


施術の流れ

カウンセリング
色々な疑問や質問に患者様がご納得していただくまで丁寧にお答えいたします。
手術をご希望される方は、手術の日程を決めていただきます。

当日
タトゥーと周囲の状況を確認して、除去する範囲をマーキングします。局部麻酔が十分に効いた後、切除を開始します。

抜糸
術後6日前後で抜糸を行います。

  • 施術直後より2日間はこまめに冷却をし、アルコール摂取はお控えください。
  • 切除の部位や大きさによって1~3日間ドレーンを留置します。その間はガーゼを当て、濡らさないようにお気をつけ下さい。
  • 手術の翌日から抜糸までは、創部に1日1回軟膏を塗布して下さい。創部が潤った状態に維持するために、バンドエイドやガーゼ等で創部を覆って下さい。
  • 術後2週間は患部の安静が重要ですので、縫合部に無理がかかるような姿勢や運動は控えてください。
  • 抜糸後3ヶ月間、肌色テープを貼付する事をお勧めしています。

症例写真

当院患者様:タトゥー除去

タトゥー除去症例写真

タトゥー除去症例写真

当院患者様:タトゥー除去

タトゥー除去症例写真2

よくある質問

手術当日、入浴は出来ますか?

創部を濡らさないようにしていただければ、シャワー浴は可能です。ドレーンを抜いた後は、創部をシャワーで洗浄することは可能です。

術中、術後の痛みはありますか?

手術中は局所麻酔をする為、痛みはほとんどありません。手術後2~3時間は麻酔が効いていますが、麻酔が切れると若干痛みを生じる場合があります。その場合、処方した鎮痛剤を内服していただきます。

1回の手術で完了しますか?

タトゥーの大きさやデザインにより手術回数が異なります。気になる方は無料カウンセリングからお問合せ下さい。

タトゥー切除縫縮法の傷痕は目立ちますか?

タトゥーの部位や大きさによって異なります。治療後2~3ヵ月は目立つ場合が多いですが、3~6ヵ月で目立ちにくくなります。

  • 形成外科専門医と麻酔科専門医の監修のもとで行うことにより一人ひとりの患者様の状態に合わせた適切な手術や麻酔投与を行う事を徹底しております。
  • ■ 患者様にご安心頂けるよう、1週間後の経過観察やその後の経過についてのご相談も責任を持って行っております。
  • ■ 手術瘢痕(傷あと)が目立ちにくくなるように、切開や縫合にも細心の注意を払って施術を行います。

施術について

シャワー

創部以外であれば可

料金

■ 単純切除縫縮、削皮費用(目安):
~3㎠

 ¥80,000

~10㎠

 ¥150,000

~30㎠

 ¥250,000

~50㎠

 ¥300,000

~80㎠

 ¥400,000

~110㎠

 ¥500,000

~140㎠

 ¥700,000

140㎠以上

 要相談

※広範囲になるにつれて必然的に分割切除になりますので、上記費用に加えて手術回数分が加算されます。(切除範囲が小さくなるにつれ、割引適応)
※基本的な処置費(薬、術後の処置など)込み

■  「パッチ植皮術」の場合は上記料金の1.2倍
■  「全層植皮術」の場合は上記料金の1.5倍


モニター大募集!お得に施術を受けるチャンス★

来院のご予約
メール相談・お問い合わせ